認知症とは

認知症とは、いろいろな原因で脳細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりするために起こる病気です。 高齢化社会にともなって急激に増えており、厚生労働省の予測では2025年には325万人の人が認知症になるとされています。

認知症の症状は中核症状と周辺症状に分けられます。

中核症状

中核症状としては、記憶力・理解力・判断力などの低下、見当識(目の前の人が誰なのか、日付や時間がいつなのか、自分がどこにいるのか)の障害、 実行機能(献立を考えて買い物をして料理を手順通りに行う、気候やその場にあった服装を選んで身なりを整えるなど)の障害などがあります。

周辺症状

周辺症状(最近はBPSDと略されることが多くなりました)としては、抑うつ症状、不安感・焦燥感、興奮、拒絶、暴力、徘徊、幻覚、妄想、不潔行為、せん妄などがあり、介護をする人の負担になっています。

以下のような認知症が知られています。

アルツハイマー型認知症
認知症として最も多いのがアルツハイマー型認知症です。
認知症の代名詞のように思われていますが、中核症状が中心となることが多く、認知症の中では比較的対応しやすいものです。
血管性認知症
脳梗塞や脳出血の後に急激に発症するとされていますが、実際にはいつの間にか脳の血流が悪くなって認知症に至るケースも多いのです。 血管性認知症の場合は血管が原因で起こるので、障害されている場所によってさまざまな症状が出てくるのが特徴です。 健全な部部と認知症の部分が混ざった、いわゆる『まだらボケ』といわれる状態になることもあります。
レビー小体型認知症
アルツハイマー型認知症と血管性認知症を会わせて2大認知症と言われてきましたが、最近はレビー小体型認知症を含めて3大認知症とされるようになってきています。
レビー小体型認知症の特徴は、パーキンソン症状(体が傾く、表情がこわばる、手が震えるなど)、幻視(人や動物など具体的な物が見える)、 ボーッとしている時としっかりしている時がある、薬の副作用が出やすい、倒れたり失神したりする、被害妄想などです。
診断を誤るとかえって症状を悪くする病気なので、診断をきちんとすることと、レビー小体型認知症に適した治療をすることが非常に大切なのです。
若年性認知症
65歳未満で発症する認知症です。代表的なのが前頭側頭型認知症で、最近クローズアップされることの多いピック病もこれにあたります。
万引きや攻撃性などの社会的な逸脱行動が出てきやすいこと、40代や50代の働き盛りの男性に多いことなどから、本人だけでなく家族の人生さえ左右しかねません。
認知症を起こしうるその他の病気
原因を解決すると完治しうるものもあります。
代表的なのが正常圧水頭症で、認知症症状の他に歩行障害(バランスが悪くなって転びやすくなる)、排尿障害があります。 その他に慢性硬膜下血腫、甲状腺機能障害など多くの病気があります。

認知症の治療法

当院では、症状や体質に応じたきめ細かな処方調整を行います。
特に薬剤に対して過敏なタイプの方は、ご家族の協力を得ながら微調整する必要があります。
プラズマローゲン、フェルガード®、プロルベなどのサプリメントも時に非常に有効です。
治療の工夫によっては症状が改善してご本人や家族の苦痛が和らぐ可能性がありますので、「認知症だから仕方がない」とあきらめておられる方も是非ご来院ください。

診察項目

治療法


2019年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2019年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

平日10:00~13:00時
午後15:00~19:00時

土曜10:00時~13:00時
午後14:00~17:00時

定休日は木・日です。

アクセス

電車でお越しの方
お車でお越しの方
株式会社グロービア
http://www.glovia.net/
原田メンタルクリニック
http://www.harada-mentalclinic.com/